アフィリエイトで稼げる、は嘘!? アフィリエイトで稼げない原因を解説

2019-06-12

アフィリエイトで稼げると聞いてアフィリエイトブログを始めたものの全然稼げず、アフィリエイトで稼げるなんて嘘だろと感じている方は多いでしょう。

アフィリエイトは誰でも簡単に始めることができる、などと言われているため簡単な気持ちで始める方が多いのですが、WEBの様々な知識やノウハウが必要なので稼ぐのは本当に難しいです。

今回は現役WEBコンサルタントの筆者が、あなたが現在アフィリエイトで稼げていない理由について解説していきます。




稼げないアフィリエイトサイトを作っていませんか?

お金を見つめているメガネの男性と「嘘」の文字

アフィリエイトが稼げないという方は、稼げないアフィリエイトサイトを運営していることが殆どです。

アフィリエイトは、アフィリエイト広告を貼ったサイトからいかに収益を生み出すか、というビジネスです。

やっていることが間違っているから稼げない、お金にならない。これはビジネスの世界では当たり前のことですよね。

なかなか契約が取れない営業マンには何か「契約が取れない理由」があるもの。アフィリエイトも同じなんです。

稼げないアフィリエイトサイトの具体例を紹介

テーブルの上に置いたノートパソコンで作業している女性

稼げないアフィリエイトサイトには、これから紹介するような「稼げない原因」があるものです。

一度ご自身の状況に当てはめてみて、何か足りていないものがないかチェックしてみると良いでしょう。

雑記(日記)ブログをやっている

ノートとカレンダーが机の上に置かれている画像

ちゃんと外注してサイトも作ったのに、アフィリエイトが稼げない!と言っている方に多いのはこのパターンです。

実際に相談を受け、どんなアフィリエイトサイトなのか現状を見てみると、自分が書きたいことを書いている「ただの日記サイトだった」ということは良くあります。

昨日はどこに行った、とか。今日のお昼にどこで何を食べた、とか。

誰も興味がないことを配信していても、そもそも検索ニーズがないため稼げるハズがありませんよね。

もし日記サイト、雑記ブログをアフィリエイトサイトとして運営していて「稼げない!」と考えている人がいたら手法を変えることを強くオススメします。

GoogleAdSense(グーグルアドセンス)広告しか貼っていない

GoogleAdsense(グーグルアドセンス)のロゴ画像

アフィリエイトが稼げないと考えている人は、GoogleAdsense(グーグルアドセンス)広告しかサイトに貼っていないことが多いです。

GoogleAdsense(グーグルアドセンス)広告はアフィリエイトの中でも個人的には「稼げない広告」の部類に入ります。

なぜならGoogleAdsenseはクリックされても数円程度の収益にしかならないため、1PV(ページビューのこと、ページがみられた数です)あたりの利益率がとても低いのです。

それこそ1日に何万PVもあるような大規模サイトなら数万円は稼げるかもしれませんが、アフィリエイトの初心者は同時にノウハウのない「WEBの初心者」でもあるため、そんな大規模なサイトに成長させることはほぼ不可能です。

ご自身のサイトにGoogleAdsense(グーグルアドセンス)広告しか貼っていない、という方はぜひ一度、自分のサイトの「収益化の方法が正しいのか」について見直してみることをオススメします。

アフィリエイト広告をただ貼っているだけで放置している

広告貼ってりゃOKでしょ?の文字の上に✕がかかれた画像

アフィリエイト広告はただ貼っていれば収益に繋がる、というものではありません。

アフィリエイト広告のリンクを貼ったら次は、サイトを訪問したユーザーが狙い通りの行動をしているのか(この場合、アフィリエイト広告をクリックしているか)を検証する必要があります。

また、アフィリエイト広告はクライアントの意向や戦略変更により仕様や条件、着地先の情報などが変わる場合があるため、サイトに広告を貼って終わりだと考えている人は大間違いです。

アフィリエイトはサイトへ広告を貼ってからがスタートです。

アフィリエイトサイトの効果測定、効果検証を行っていないから稼げない

GoogleAnalyticsの分析資料

こちらも稼げないアフィリエイトサイトを運営している人に多いです。

サイトを作った後はアフィリエイトサイトにどのような人が訪問してきているのか、狙った行動が行われているのか、など調査検証する必要があります。

筆者は現役のWEBコンサルタント、WEBアナリストですがこのようなサイトの分析を面倒臭がる方が非常に多く、サイトは作れば収益が発生すると考えている人が非常に多いのが現実です。

サイトの調査分析・効果検証を行える最も有名な無料ツールはGoogleが提供している「GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)」ですが、専門的な知識やノウハウが必要になるツールです。

分からなければサイトの分析は外注に出すなどして、自身のサイトがいまどんな状況なのか、上手く行っているのか悪いのかを把握するようにしましょう。

稼げるアフィリエイトサイトとはどんなサイト? 具体例を紹介します

日本札と硬貨の画像

続いて、稼げるアフィリエイトサイトとはどんなサイトなのか、何が必要なのかを具体的に紹介していきます。

筆者もアフィリエイトを始めて半年で収益が10万円を突破しましたが、以下に気をつけていますので、稼げていない初心者の方は参考にしてください。

稼ぐサイトは正しいKWの選定、ペルソナの設定を行っている

Goldenrulesと書かれた紙を持っている男性の手元

稼いでいるアフィリエイトサイトと稼げないアフィリエイトサイトの最大の違いはここです。

サイトを設計する際にペルソナを作成しているか、記事を書く時に流入KWの選定を行っているのか、が非常に重要です。

まず「ペルソナ」ですが、簡単に言うとどんな人が自分のサイトを見に来るか想像することです。

筆者は非常に細かく自分のサイトを見に来るユーザー像を考えてアフィリエイトサイトを作ります。

WEB業界ではサイトを作る際にペルソナを作成することは「当たり前」のことです。

アフィリエイト初心者、WEB業界のノウハウについて知らない初心者の方向けに、ペルソナ設定の方法について以下に紹介します。

■ペルソナの作成例

  • どんなテーマで悩んでいる人をサイトに呼び込むのか
  • それは社会人か、学生か
  • 何歳ぐらいの人か
  • 男性か、女性か
  • どんな仕事に就いているのか、どんな趣味があるのか
  • 自分の悩みについて、どんなキーワードで検索しているのか

上記はペルソナ作成の一部ですが、上記のようにかなり細かくサイトにくる人物像を設定していきます。

そして想定したその人物像をイメージしながら記事を書きます。

上記のイメージがないと、どんなキーワードで記事を書けば良いのか分からず、ただの日記になってしまうからです。

稼げるアフィリエイト広告を選んで貼ること

敬礼しているスーツ姿のOL

稼げるアフィリエイトサイトは確実にやっています。

稼げる商材を選ぶこと。

色んなアフィリエイトサービス(ASP)に登録して、どのアフィリエイトASPが持っている案件が最も稼ぎやすそうか、を吟味することが稼ぐためには重要なことで一番の近道です。

いや、自分は自分が紹介したい、得意なものを書く!というのであれば。

例えば映画が好きなら例え単価が低くてもHuluのアフィリエイトにしよう!という拘りを貫いた方が良いでしょう。

しかし特にそういった拘りがないのであれば、稼げる商材、稼ぎやすそうな商材を選ぶことをオススメします。

稼ぎやすいアフィリエイトの商材・広告は既に名だたるアフィリエイターが選んでいることが多いため、競合との競争が大変でしょうが、頑張った分の稼ぎはあります。

稼げるアフィリエイト広告を選ぶことは非常に重要です。

読みやすいサイト構成、記事の構成であること

方眼ノートに書かれた「文章力」の文字

アフィリエイトサイトで稼ぐために必要なのは、「文章力」です。

文章力がなければ読んでもらえないため、稼ぐ以前の話になってしまいます。

また、サイトの構成(サイトレイアウト)の知識は育てておくと良いでしょう。

サイトレイアウトはWEBの世界では基本中の基本ですが、アフィリエイト初心者はWEBのことを全然知らない人が多いです。

そのため、WEBで稼ぐために必要なノウハウを知らずに「稼げない!」と言っていることが殆ど。

最低限必要なWEBの知識、ライティング能力は身につけることをオススメします。

稼いでいるサイトは効果測定、効果検証をしてPDCAを回している

PDCAサイクル

稼いでいるアフィリエイトサイトは最低でもGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)は使っています。

最近のSEOはサイトが表示される速度も重要になってきているため、GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)のタグ(計測するためにサイトに設置するコードのことです)を非同期であるGoogleタグマネージャーで埋め込むケースも多くなってきています。

ここまで説明して、GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)やGoogleタグマネージャーって何だ??

タグって??非同期って何だ??となった方は間違いなく勉強不足で、アフィリエイトで稼ぐレベルにはいないと断言できます。

自分のサイトで稼ぎたいのであれば、上記のようにサイトにきたユーザーの調査分析が行えるツールを入れて、効果検証を行っていく必要があります。

アフィリエイトサイトの集客は基本的には自然検索からの流入になるため、SEOが重要であることは誰しもが知っています。

狙っているキーワードがいま何位なのか、どのように推移しているのか、競合サイトは何位なのかを調査分析できるSEOに欠かせないツールがGRCというツールです。

GRCは筆者も使っていますが、プロの現場でも使われている非常に有名なツールなので上記ぐらいは入れて、対策しているキーワード毎の順位をチェックしておくと良いでしょう。

さいごに

以上、今回はアフィリエイトで稼げないと考えている人向けに、なぜ稼げないのか良くある原因を紹介して解説しました。

筆者のWEBコンサル、アナリストとしての知識やノウハウがあなたのサイトが稼げるようになるために少しでも役に立てば幸いです。

☆★PR★☆




☆★次に良く読まれている記事はコチラ★☆