Google広告(アドワーズ)葬祭ジャンルのリマケリスト取得が不可に【2018年8月】

2019-05-06

こんにちは、WebPCです。

今回は筆者が運用している広告アカウントの中でトピックがあります。

Google広告(旧:アドワーズ)にて、冠婚葬祭ジャンル(特に葬祭ジャンル)のリマケリスト取得・使用が不可になっていましたので、事例として紹介します。

Googleのロゴ画像

Google広告で8月から葬祭ジャンルのリマケ配信が停止

メガネを外し驚いた表情の男性

筆者はWEBのライター、アフェリエイト、コンサル、WEB広告の運用代行など幅広くお仕事をお受けしています。

先日、Google広告(旧:アドワーズ)を配信していた葬祭ジャンルのCVが低下傾向にあると感じキャンペーンを見てみてビックリ。

リマケのキャンペーンがまったく配信されていないという状況になっていました。

同ジャンルに限らずリマケは確度が高いユーザーへのアプローチになるため非常に重要なので、心配になり対処方法をGoogleに聞いてみたところ今回の措置が発覚したという流れです。

※こちらのクライアントさまはYahoo(YSS/YDN)も運用中ですが、Google広告のみ8月から停止しています。

制限付き、パーソナライズド広告って何だ?

Google広告、実際に運用している葬祭系ジャンルの停止状況

当該リマケキャンペーンの広告ステータスを見てみると「制限付き、人間関係(パーソナライズド広告の場合)」という見慣れない制限が。。。

そして「制限付き」とは言うもののまったく配信ボリュームが出ていない。

つまり、配信リスト自体が機能していないと考えられる状況でした。

ちなみにパーソナライズド広告はリマケを初め、カスタムアフィニティ、類似ユーザーターゲティング、購買意向の強いオーディエンス、キーワードコンテンツターゲなどの機能を指します。

今回は上記の中からリマケ(試しにカスタムアフィニティもやってみたのですが同様の結果)が該当して停止になっていると考えられます。

Google広告のリマケリストはどうなっていたのか

Google広告、葬祭ジャンルのリマケリスト停止状況

実際のリスト画面が上記ですが、見事に「ポリシー違反のため無効化」と記載がありリストの利用ができなくなっていました。

何か解決策がないかと思いGoogle広告の担当者に相談したところ、冠婚葬祭(特に葬祭系)ジャンルの運用アカウントはほぼすべてリマケ配信が停止している状況だったとのこと。

ポリシーが適用された結果、全国的に葬祭系のジャンルにおけるリマケ運用ができなくなっているようです。

現在のところ何も解決策はなく、サイト側の改善などでなんとかなるようなものではないようでしたが、こうしたら配信できた!などの事例があればぜひ教えていただけると有り難いです。

葬祭ジャンルは今後どうなっていくのか

ノートパソコンで作業している男性

冠婚葬祭の中でも葬祭に特にリマケ運用アカウントの停止がみられた、という状況から冠婚はまだ停止の波はきていないと考えられます。

急ぎ対応が必要なのは葬祭系のジャンルでしょう。

まず、Google広告(旧:アドワーズ)のリマケに代わる媒体探しが重要なポイントになると考えます。

2018年8月現在であればFacebook、マイクロアドなどの広告媒体ならリマケによるアプローチは可能ですが、Googleでリマケが打てなくなったのは痛いですね。。。

CV低下は必然かと感じます。

筆者の場合、リマケは停止したもののリスティングだけで月間のKPIを十分達成できるCVがあるため、リスティング+YDNリマケで乗り切れそうです。

Google広告のリマケがCVの中心だった場合は、今回の施策によって辛い状況に陥るかと。。。

まとめ

以上、今回はGoogle広告で運用中の冠婚葬祭ジャンルのリマケが停止していたので、トピックとして取り上げました。

☆★PR★☆